2020/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


new category profile
07 Sunday
シェークダウン

JUGEMテーマ:一眼レフ

 

 

今更ですが、山梨県 甲府での 

3月末 ウルポラ7のシェークダウンを 

 

 

 

オッタマは、基本的に春の到来が大好きです。 

色とりどりの草花による 大地のお化粧 

でも、お花の種類は いま一つなのですが・・・  

 

 

 

コヤツ様もウキウキです。

 

 

 

肝心な シェークダウンですが 

専門的な評価は、その筋のプロにおまかせとし

記憶の整理として、

・AF性能

 nemutanのスピードスター1と比較すると ダ〜メ。

 ギャンダム8の これでもかのAFパワーとも、ほど遠い感じです。

 

 

 

・使用感

 パピオカFと比較し、やはりレンズの重量感があります。 

 スーパースター5とは変わらない感じです。

 グイップ感は、流石にヨシ。 

 ギャンダム8と比較すると軽量で、逆に何故にこんなに高価なの?。

 予備バッテリーは必需品。 

 

 

 

・描写力

 変わらないNIKONの色で、自然な感じが安心感となっています。 

 オリンパスのクリアーな映像とは違う、描写は落着きます。

 モンスター6と比較すると、WBの改善で 全体の黄色感は大幅に緩和。 

 EVFはパピオカより自然でクリアー。

 ピクチャーコントロールは、NIKONでは画期的ですが オリンパスが二歩進んでおります。   

 4500万画素のジャストの際の解像度は 何も言えないくらい素晴らしいです。 

 ただ、いくら手ブレ補正があっても 実にセンシティブです。   

 つまり、ヒット率が更に低下・・・。

 

 

 

・所感

 改めて、2400万画素位の解像度が扱いやすいと痛感。 

 ISO感度は、最近のフルサイズであり脱帽です。

 過去のレンズ群の出動比率が高まります。

 総じて、スンバらしいマシンです。 

 

 

 

最後に、お目々直しにいかがでしょうか?

 

「春の到来」

 

 

 

今後 シチュエーションによっての、

マシンの使い分けが ますます楽しみとなっております。

 

「包まれて」

 

 

 

moguma

 

 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ
にほんブログ村




comment









archive comment